● ALPHA COATING アルファコーティング



各種施工マニュアル

アルファーコーティングの作業手順(全体概要)

  1.高圧洗浄
高圧スチーム機を使い、ボディに付着した砂埃や泥などを洗い流します。また、タイヤハウスの中やホイールの隙間に入り込んだ汚れも洗い流します。さらに、この作業をしながら鉄粉、虫の死骸、ピッチタール等の付着状況も確認します。

  2.ボディシャンプーと拭き上げ
しっかりと泡立てたシャンプーでボディ各所の黒ずんだ油汚れやこびりついた埃を洗い落とします。作業は、手早くかつ正確にシャキシャキと洗って行きます。一通りシャンプーが終了した所で高圧スチームを使いたっぷりの水と圧力でシャンプーを丁寧に洗い流します。その後、パルプセームで拭き上げながら、傷の付き具合やウォータスポットなどで点検します。

  3.タイヤホイールの洗浄
タイヤホイールは、ボディ以上に汚れがこびり付きやすい場所なので、ボディシャンプーでは落ちないことが多く、専用クリーナーを用いて汚れを分解し、ブラシ洗浄をしてきれいにします。

    4.鉄粉・虫の死骸・ピッチタール・塗装ミストの除去
(A)軽微な付着では、粘土クリーナーのハンドタイプを使い、水を吹き掛けながらこすり落としていきます。粘土にも研磨粒度がある為、付着した場所やダメージの状況を判断しながら、粒度の使い分けをしながら進めます。

(B)付着が多い場合は、いくつかの方法があり状況により使い分けをします。まず、鉄粉にはチオグリコール酸アンモニウムと言う分解液があり、ホイールやボディの下部の入り組んでいる部分に多く付着している場合は、この方法を取ります。ボンネットやルーフ・ドアなど大きな面に付着した鉄粉や塗装ミストは、粘土クリーナーをディスク状にした専用バフを使って磨き落とします。さらにアブラロンと言う特殊な研磨布をダブルアクションやオービタルサンダーに取り付けて磨く方法もあります。虫の死骸は、ハンドタイプの粘土クリーナーを用いる事が多いのですが、グリルやナンバープレートなど入り組んだ場所に張り付いた虫の死骸はタンパク質が酸化して固着するため、グリコールエーテルを使用し分解させ除去します。

  5.マスキング・養生
マスキングは、ポリッシングする前工程として欠かせない作業です。マスキングの目的は、ポリッシングの際、軟らかな樹脂部分やラバーを傷つけない為と入り組んだ箇所にコンパウンドの磨き糟を入り込まないようにする目的があります。一見無駄な作業に見えるかも知れませんが、マスキングや養生をする事によって最終的な仕上がりの良さと、作業時間の短縮に繋がります。





  6.ポリッシング(磨き作業)
ポリッシングは、コーティング作業の中で最も重要な位置を占め、この作業の良し悪しがユーザーの満足度に大きく係わってきます。まず、この作業で使用する主な道具とケミカルを紹介します。

ポリッシャー
磨く機械の事で、大別するとシングルポリッシャーと言われる回転式のポリッシャーと、ダブルアクションポリッシャーと言われる振動タイプに分かれます。専門ショップの主な磨き作業では180oのシングルポリッシャーを主力に用い、様々なバフやコンパウンドを組み合わせ粗磨きから中磨き、仕上げ磨きと工程を踏んで行きます。

バフ
ポリッシャーと組み合わせるウレタンスポンジバフやウールバフを指し、傷の深さや塗膜のダメージ状況で使い分けていきます。一例を述べますと、粗磨きにはテーパーウールバフや細目ウレタンバフ、中磨きには極細目ウレタンバフ、仕上げ磨きには超微粒子目ウレタンバフと言った具合です。

コンパウンド
球形カルシウム、酸化アルミニウム、カリオン、タルク、珪藻土などを主成分とするポリッシングコンパウンドを指し、こびり付いた汚れを削り落とす他、傷を消したり、見えにくくする役割を担います。また、新車の塗装や補修塗装では、塗面の肌を滑らかに調整する役割もあります。粒度は、一般的に極細目、超微粒子、超超微粒子の3種を使い分けますが、バフの種類と組み合わせると、10段階程度の研磨が可能であり、それぞれの職人さんの技がボディのダメージやカラー、塗装の種類などにより適格に作業進行して行きます。

  7.手磨き作業と脱脂
機械によるポリシングが終了すると、機械では磨ききれなかったドアの取っ手部分やエンブレム周辺など、入り込んだ細部の仕上げを行います、磨き忘れが無い事を点検ライトなど用いてチェックした後、コンパウンド滓や油分をシリコンオフなど使って取り除くと同時に、ボディ全体の脱脂作業を行います。脱脂作業は、コーティング剤がボディへしっかりと馴染ませる為に行うものです。また、バフに水を含ませて行うウェットタイプの磨きでは、ボディにコンパウンドが固着してしまう場合があるので、再度シャンプーを行い洗浄と脱脂処理を一度に済ませてしまうケースもあります。

  8.コーティング剤の塗布と拭き上げ
アルファーコーティングでは、ウレタンパッドの付いたスポンジに少量ずつコーティング剤を浸み込ませ、ボディに塗り広げて行きます。コーティング剤の硬化は、気温や湿度によって大きく変化しますので、塗る面積や塗布してから拭き上げまでの時間を調節しながら作業を進めます。アルファー21やアルファーガードでは、コーティングの拭き上げを熱湯拭き処理を行い、アルファーブラックでは、乾拭き上げと極細目バフに水を吹き掛けながら行う乾研ぎ処理の2段階仕上げで行います。コーティング剤の塗布や拭き上げに関しては、それぞれのメーカーの極秘事項が多く含まれており、多くは語れませんが、概ねこのような手順で作業は進みます。

  9.仕上げ拭き
仕上げ拭きは、天気の良い日中であれば車をピットから出し、太陽光の下で行うのが最も良い方法ですが、生憎の雨や曇天ではピット内で、ライトを最大限に活用にて行うしかありません。いづれにしても、アルファーコーティングは完全硬化タイプですから、拭き残しを少しでも残さないよう細心の注意をはらい、確実に行います。運悪く、バフ目を残してしまった時などは、早めに超超微粒子のコンパウンドで再磨きをします。

  10.外観の細部仕上げと小口廻りのクリーニング
ボディがきれいに磨き上り新車同様に生まれ変わってくると細部の汚れが目立ってきます。エンブレム、ライト廻り、フューエルカバー、ナンバープレート、鍵穴、モール付近などをウエスやジラコベラ、コンパウンドなどの道具やケミカルでピカピカに仕上げていきます。また、ドア廻りの小口やボンネット、トランクの小口などもきれいにクリーニングします。

  11.タイヤホイール仕上げ
外観のフィニッシュワークは、タイヤとホイール仕上げです。タイヤはテカリ過ぎない奥深い艶を持つワックスで仕上げ、ホイールはアルミやメッシュの質感を十二分に発揮できるよう、乾拭きを入念に行って仕上げていきます。さて余談になりますが、ホイールにはアルファーホイールコートもご用意してありますので、是非ご用命下さい。

  12.窓ガラスの拭き上げとルームクリーニングサービス
窓ガラスは、ガラスクリーナーを使ってピカピカに磨き上げます。特に、可動ガラスの隠れた部分やフロントやリアガラスの内側の奥隅の部分まで、これでもかと思う程、磨き上げます。ルームクリーニングは、コーティング作業とは直接的に関係ありませんが、感謝の意味と少しでも良い気分でお引き取りいただく為にサービスで簡易的なルームクリーニングを実施しています。作業は、バキュームと拭き上げ、ゴミ捨ての程度ですが、いつもお客様から「きれいになったネ、ありがとう」とお誉めの言葉をいただき、作業の励みとさせていただいています。

    13.施工証明書と製品保証書の発行
全ての作業が完了した所で、作業証明を書き、製品保証書を発行します。アルファーコーティングでは、新車で5年、既存車両で3年間の保証をしています。 この保証書は、万が一の事故などで保険請求をする際に大いに役立ちますので、大切に保管して下さい。