●車種別パーツフィルム 貼付マニュアル





さあ、準備は整いました。いよいよ貼って見ましょう。


1.貼り付け作業
(1)フィルムの裏表の確認
フィルムは、部位表示ラベルが貼ってある方が、ライナー側です。
(2)セロテープの貼り付け
所定の位置にセロテープを貼って下さい。
ライナー面側約1cm位、フィルム面側約5mm位を目安に付けて下さい。
(3)簡単な場所から施工
ウォーミングアップを兼ね、簡単な場所からの施工をおすすめします。

例:ハードトップ/ドア左・右→リヤ
  ワゴン系/ドア左・三角→ドア右・三角→リヤ
  3Dr・HB/クォータ左・右→リヤ
(4)フィルムあて板の活用
サイドガラス施工の場合、フィルムあて板を活用すると、フィルムが折れたり糊面 どうしが貼り付く事なく、楽にライナーをはがす事ができます。
(あて板に水をスプレーし、仮り貼りします。)
※あて板の代用品として、凸凹や汚れがなければ、家庭の窓ガラスや、アルミ板、樹脂板、化粧ベニヤでもかまいません。
(5)ガラス施工面(内側)の清掃
  • ジラコベラを使い、ガラス面の突起物等、付着物を確認します。
  • ジラコベラで確認した付着物やステッカーは、スクレーパーで除去します。
    ※熱線反射ガラスの場合は、傷が付きやすいので刃物等硬い物は使用しないで下さい。
  • ブラシで、ガラスが隠れている部分のゴミや汚れをかき出します。(セダンドアのピラー部分・三角窓のゴム枠)
  • ナイロンスポンジで、ウエザーストリップに当たる部分の汚れや熱線プリントの汚れを落とします。

(6)水切り作業
洗剤等で清掃した後、軽く水をスプレーし、ゴムベラでゴミ・汚れ・水を、きれいに取りのぞきます。
(この時、素早くきれいに水切りする事が、ポイントとなります。)
(7)フィルムの持ち方・あて方
  • 洗剤をスプレーしながら、スピーディーにライナーをはがします。
  • ライナーをはがしたフィルムを、セロハンテープ部分と、もう一方は爪で持つようにして、頭の部分を曲げ、ガラスにあてます。

(8)貼り付け

最大の神経を集中して下さい。

  • 位置を決め、スキージーで軽く水抜きします。(仮止め)
  • ゴミが入っていないか、位置決めが確実かどうかを確認し、確実であれば、強く水を抜きます。



2.仕上げ
(1)点検及び乾燥→仕上げ
  • 極力、自然光の下でゴミ入りやエア残りを確認しながら、仕上げます。
  • タケノコ状のツノは、乾燥途中で数度に分けながら、ジラコベラで小さくつぶしながら仕上げます。
(2)取り付け及び清掃
  • 取り外した各パーツ(ヘッドレスト・スピーカー・トリムボード・ハイマウント等)を取り付け、汚れた部分はきれいにふき取り、必要に応じてレザーワックス等で仕上げます。

3.完成


Page3